2011年7月 8日 (金)

4,5

我が東京ヤクルトスワローズ、サヨナラ勝ち、対ジャイアンツ7連勝で2位中日とのゲーム差を4,5ゲーム差まで広げ首位がっちりキープです。

昨年の後半の成績を考えれば当然の結果ですがこのような予想をした評論家がほとんどいないっていうのはどういう事なんでしょうか??(以前のパリーグのように前期後期制があれば後期優勝でしたからね。)

それより問題は、未だにマスコミが借金10の5位のチームの自力優勝が無くなりそうだとかそんな事を報道する方がおかしな話です。

うーん、時間あったら神宮球場行きたいなぁ…。節電が叫ばれる中ですが、やっぱ子の季節はナイトゲームがいいかなぁ…。

ところでそんな余裕あるの??

| | コメント (0)

2007年9月20日 (木)

男の涙

東京ヤクルトスワローズ、古田敦也選手兼任監督の引退及び退団会見…なんか切ない会見でした。

「淋しいと言うより悔しい」

監督として結果を残せなかったことに対する責任感でしょうか…。

自分のカラーを出すためには最低3年はかかると思うのですが、もう一年、を潔しとしない男のけじめなのでしょう。

18年の現役生活で5回の優勝4回の日本一、この黄金時代を支えた大選手、メガネ着用を理由に某在京球団から獲得の挨拶を受けながらドラフト指名されなかった屈辱、ヤクルトでの野村監督との出会い、英才教育…捕手としてだけでなく打者としてもチームをけん引…労働組合選手会会長としてのファンに支持されたストライキの決断、師である野村監督以来のプレイングマネージャー…。

本当に大好きな選手だけに本当に淋しいです…もう一回でいいから球場いって応援したいなぁ…。

また古田敦也選手については日を改めて書こうとおもいます。

古田敦也選手、お疲れ様、残された試合、全力で戦ってください。

そしてまた、ヤクルトのユニフォームを着てくださいね!

| | コメント (0)